2007年07月26日

歯医者奮闘記

DSCN0234.JPG

かなり遅い、事後報告で申し訳ありませんが…

前回、無事に(?)歯医者の高き門をくぐる、第一歩目を踏み出すことができたワタクシですが…(ここほめるとこよ!?)


レントゲン、検査の結果。。


虫歯、じゅ、13本…!!?




まあウスウスわかってましたよ。。

だって最後に歯医者いったの、確か中学生の時だし…

しかも最後まで治療することなく、、ワタクシ


逃げましたからーーーーーー!


当然の報い、結果として重く受け止めておりますよーだ!

あっ、ここからは治療の過程を赤裸々に書くので、読みたい人だけよんでくださいね。





まず初回の治療。

痛みの引かない、左上奥歯の治療から開始。

やっぱり…


神経を抜くんですね…(泣) よー先生よー!


ワタクシ、この「神経を抜く」という治療で、歯医者と長きにわたる決別の時代を送ることになったわけですのー。(まあ、当然自業自得)


先生「ウィーン!!さ、口開けてください。」

裕太「あ、あが…」全身こうちゃく状態のまま…

あれやこれや、約20分で終了。。

裕太「い、意外と痛くありません!!むしろ足踏ん張りすぎて…つりそうです。。」

先生「麻酔がちゃんと効きましたね!この調子で治療→完治→予防といきましょう!」

裕太「ま、まあ。そりゃ理想ですが… がんばります!」

先生「じゃ、他にも色々と問題箇所がありますので… また2週間後に来てくださいね!」

裕太「う………。 は、はい。」



帰国後すぐに、治療再開っす。

とりあえず痛みは無くなりました!!!

が、、

先生からは…

「神経を抜くなんて最後の手段なんですからね!」


わかってました…よ。

ま、とにかくワタクシ笹川裕太、25歳.。

現在、




大人の階段のぼってます。。

どうか温かいご声援を!





PS

「やめてやめて下さい」看板ですが(7月19日、日記参照)、

気になっている方もいるようなので、馴れ初めを!


歯医者に向かう期待はなく不安ばかりの道の途中。

電柱にて発見。

「ここに駐輪するのは、やめてやめて下さい!


察するところ、相当深刻にイヤだったんだろうね。

コレを見てオレの不安は…


最高潮になったことは言うまでもありません。。うっ…







posted by 笹川裕太 at 23:31| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。